ASTROM通信バックナンバー

2018.02.01

【EU GMPガイドラインAnnex 1改訂案パブコメ募集】ASTROM通信<139号>

 ~安全な医薬品の安定供給をご支援する~

こんにちは
ASTROM通信担当の橋本奈央子です。

春が待ち遠しいこの頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

さて今回は、EU GMPガイドラインAnnex 1(無菌医薬品の製造)改訂案及びそのパブリックコメント募集
について取り上げたいと思います。
ヨーロッパに輸出していないので直接関係ないと思われる方もおいでになるでしょうが、EU GMPガイド
ラインはPIC/S GMPガイドラインにも反映されるため、PIC/Sガイドラインの今後の改訂の動向を把握する
うえで参考になります。
特に今回の改訂案は、グローバルな調和のためにWHOやPIC/Sとも協力して作成されているため、正式版
が出ればPIC/Sに反映される時期も早いと考えられます。
また、無菌医薬品の製造というタイトルですが、スコープとして、無菌医薬品だけでなく、その他の製品
の製造時、微生物、微粒子、ピロゲンの汚染管理にも使えると書かれており、実際、様々な場面で参考に
できるところがあるかと思います。

ということで、最後までお付き合いいただければ幸いです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
EU GMPガイドラインAnnex 1の改訂について
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
EU GMPガイドラインAnnex 1は、1971年に初版が出て以来、部分的な改訂は何度もされてきたものの、
全面的な見直しはされてきませんでした。
そこでECは、明確で、かつ、新しい技術および革新的なプロセスを組み込むことを可能にし構造
より論理的な流れに変更するために、品質リスクマネジメントの原則を導入することを意図して
全面的な見直しを行うこととしました。
主な変更点は下記の通りです。
・新しい章の導入:スコープ、ユーティリティ、環境や工程のモニタリング、用語集
・QRM(Quality Risk Management)の原則の採用
・より論理的な流れにするための再編成
・より一層の明晰さを提供するために、前述の章に詳細の記述を追加

Annex 1改訂案の全文は下記URLから確認できます。
https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/files/gmp/2017_12_pc_annex1_consultation_document.pdf


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Annex 1改訂案のポイント
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
現在日本で参照されているPIC/S GMPガイドラインAnnex 1と比較して、今回のEU GMPガイドラインAnnex 1
改訂案の変更のポイントをまとめてみました。

1章 スコープ
・新しく追加された章です。
品質リスクマネジメントの原則を導入することが謳われています。
・Annex 1無菌医薬品を対象としているが、無菌医薬品だけでなく、その他の製品の製造時の微生物、微粒子、
 ピロゲンの汚染管理をサポートするために使えるという記述が追加されています。

2章 原則
・記述が大幅に追加になっています。
・ここにも、品質リスクマネジメントの原則に従って工程、装置、設備、製造活動が管理されるべきであると
 いう記述が登場します。
・汚染管理の戦略の文書の中で、少なくとも次の要素が検討されるべきであると書かれています。
 a)プラントと工程の設計
 b)装置と設備
 c)人員
 d)ユーティリティ
 e)原材料の管理-工程内の管理を含む
 f)製品の容器と蓋
 g)ベンダの承認-例えば、主要成分、成分の滅菌、単独使用のシステム、サービスなど
 h)外部委託サービスに関し、例えば、滅菌の場合、処理が正しく行われていることを保証するために十分
   なエビデンスが委託者に提供されなければならない
 i)工程のリスクアセスメント
 j)プロセスバリデーション
 k)予防保全-汚染の重大なリスクをもたらさない装置や設備(計画保全及び計画外保全)の基準の維持
 l)洗浄と消毒
 m)モニタリングシステム-環境汚染の発見を最大限に行う、科学的に合理的で現代的な方法の導入の
   実現可能性の評価を含む
 n)予防-傾向分析、調査、是正処置・予防処置(CAPA)、根本原因の判断、よりしっかりした調査ツール
   のニーズ
 o)上記システムからの情報に基づく継続的改善

3章 医薬品品質システム(PQS)
・新しく追加された章です。
・EU GMPガイドライン1章の医薬品品質システムの要件に加え、無菌医薬品の製造者は以下のことを保証しな
 いといけないと書かれています。
 a)無菌性の保証を含む無菌製造製品の安全性、品質、効能を保証するために、微生物汚染を最小化する
   ため、製品のライフサイクルに組み込まれた効果的なリスクマネジメントシステムがあること。
 b)製造業者は製造する製品と使用する製造方法に関する十分な知識と専門技術を持っていること。
 c)手順、工程、装置の不具合の根本原因の分析は、製品へのリスクが正しく理解され、適切な是正及び
   予防処置が実施されることを保証するために重要であること。
 d)汚染を防止するために汚染のリスクを特定・評価・除去(可能であれば)・管理し、汚染をモニタして
   検知し、無菌製造工程の全ての要素に関して工程の要件と許容基準を設定するために、リスクアセス
   メントが実施されること。
   リスクアセスメントは文書化され、リスクを軽減し、潜在的なリスクや未解決のリスクをなくすため
   にとられる判断のための論理的根拠を含むべきである。リスクアセスメントは継続的な品質管理の一環
   として、変更管理や定期的な製品品質レビュの間に、定期的にレビュされること。
 e)無菌製品の仕上げと輸送に関わるプロセスは、容器の完全性や汚染のリスクに関して、最終無菌製品
   を損なってはならない。また、医薬品が登録された保管条件に従って保管され保持されていること
   保証しなければならない。
 f)無菌医薬品の品質の判定に責任を負う人員は、医薬品が登録された規格書と、要求される安全性・品質
   ・効能に従って製造されたことを確認するために、製造と品質の情報にアクセスでき、無菌の剤型の
   製造と重要な品質特性に関する適切な知識を持っていること。

4章 人員
・記述が増えています。
・4.1章、4.4章~4.6章あたりに、要件を満たし経験のある十分に適切な人員がいることを保証しなければ
 ならないという記述や、その要件の詳細な記述が追加されています。

5章 建物
・記述が増えています。
・特にバリア技術の詳細な記述が追加されています。

6章 設備
・冒頭に、設備設計の文書化された詳細な記述が作られ最新化されていなければならないという記述が追加
 されています。
・それ以外にも、例えば下記の記述が増えています。
設備のモニタリング要件が適格性評価の中で決定されなければならない(6.2章)
*洗浄工程がバリデートされていなければならない(6.5章)

7章 ユーティリティ
・新しく追加された章です。
・水、空気、真空に関する要件がまとめられています。

8章 製造と特別な記述
これまでバラバラに記述されていた無菌や滅菌の技術がまとめられています。
・凍結乾燥技術の詳細な記述が追加されています。

9章 生存環境(Viable Environment)及び非生存環境(Non-viable Environment)と工程のモニタリング
・新しく追加された章です。
・環境モニタリング、生存環境(Viable Environment)のモニタリング、非生存環境(Non-viable Environment)
 のモニタリング、無菌工程シミュレーション(Aseptic Process Simulation)について詳細に書かれています。

10章 品質管理
・具体的な品質管理の要件が追加されています。

11章 用語集
・5ページにわたる用語集が追加になりました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Annex 1改訂案に対するパブリックコメントの募集
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ECは、最高の品質を同時に保証する基準のグローバルな調和のために、ANNEX 1改訂案を、WHOやPIC/Sとも
協力して準備し、2017年12月20日から2018年3月20日までパブリックコメントの募集を開始しました。
●パブリックコメントの提出方法●
ECのパブリックコメント募集サイト(https://ec.europa.eu/health/human-use/quality/developments/pc_2017_12_sterile_medicinal_products_en)
からダウンロードしたテンプレートにコメントを記入し、SANTE-REVISION-ANNEX-1@ec.europa.eu へ送付
してください。
コメントは、ブリュッセルの健康・食品安全総局(Unit SANTE B/4, BE-1049 Brussels)に送ることもでき
ます。
コメントには、名前、e-mailアドレス、個人なのか組織の代表なのかを記載してください。もし、組織の代表
であれば、組織と分類(企業/ビジネス、国家の諸機関(支部、地域、国家、国際)、NGO、患者組織、その他)
も記載してください。もし、あなたが企業の代表であれば、EUが定義する中小企業(年間売上高が50万ユーロ
未満、従業員が250人未満)に該当するかどうかを述べてください。
もし、あなたの組織が透明性登録(Transparency Register)をしていれば、コメントのはじめに登録ID番号
を記載してください。
パブリックコメントはインターネット上に公開される予定です。

なお、ISPEのメンバまたはグループは、ISPEを通じてパブリックコメントを提出することもができます
その場合は、ECのサイトからダウンロードしたテンプレートにコメントを記入し、2018年2月8日の業務終了時間
までに、ISPEのコメント送付先(regulatorycomments@ispe.org)に送付をしてください。
コメントはISPEの専門家チームによって吟味されたうえで提出されることになります。
また、ISPEに提出されたコメントは、会社としてではなく個人のコメントとして取り扱われます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
まとめ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
EU GMPガイドラインAnnex 1改訂案は、以前に比べて章立てがすっきりし、かつ、具体例が増え、かなり読み
やすくなっているように思います。また、最低限抑えておかないという検討項目を挙げてくれていて、参考に
なる部分が多いと思います。
ところで、今回の改訂案でモニタリングについての要求事項が非常に増えているように思います。原文の中の
“monitoring”という言葉を検索してその周辺を読むだけでも、要求事項の中身を確認できて面白いかと思い
ます。
是非、ご一読ください。

☆次回は、2/15(木)に配信させていただきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
おしらせ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
きたる2月21日(水)~2月23日(金)に開催される医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展インター
フェックス大阪(会場:インテックス大阪)に出展します。
ブースは、【8-19】となります。
お時間がおありの方は、是非弊社ブースにお立ち寄りいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
★弊社サービスのご案内
https://drmarketing.jp/cch/73/132/3/426/82736/fe684a

★ブログ毎日更新中!
◆ PROS.社長の滋養強壮ブログ
https://drmarketing.jp/cch/73/132/1/426/82736/74c8da
◆ 営業ウーマンの営業報告ブログ
https://drmarketing.jp/cch/73/132/2/426/82736/0ca9ea
※URLクリック数の統計をとらせていただいております。

本メルマガは、名刺交換させていただいた方に、毎月1日、15日(土日祝日に重なった場合は前日)に配信
いたしております。
今後このような情報が必要ない方は、お手数ですが、こちらに配信停止依頼のメールをお願いいたします。
hashimoto@e-pros.co.jp

【発行責任者】
株式会社プロス
ASTROM通信』担当 橋本奈央子